カタカナ英語

アンソロジー(Anthology)の意味、カタカナ英語としての使われ方

アンソロジー(Anthology)の意味

カタカナ英語としてのアンソロジーの使われ方

アンソロジーは英語のanthologyを日本語に表記したカタカナ英語。カタカナ英語の「アンソロジー」も、本来の単語の意味と同じ、複数の作品をひとつにまとめた作品集や選集を指す言葉として使われる。

英単語のanthologyの意味

英表記 anthology
発音 ænθɑ́ːlədʒi
意味 名詞作品集、詩選集、選集、詞華集、名曲集、名画集
接尾辞 -logy
意味〜話、〜論、〜説、〜学
複数形 anthologies
動詞形 anthologize
意味〜を選集に入れる
関連語 anthologist
意味アンソロジーの選者

詞華集(しかしゅう)は、「すぐれた詩歌・文を集めたもの」のこと。

アンソロジーの使用例

音楽作品のアンソロジーの例

音楽作品であれば、アルバムのタイトルとして使われたりする。

邦楽だと、『小林亜星CMソング・アンソロジー』や『四人囃子アンソロジー』など。

洋楽だと、『The Beatles Anthology』や『West Coast Seattle Boy: The Jimi Hendrix Anthology』など。

漫画作品のアンソロジーの例

漫画作品のアンソロジーには、いくつかパターンがある。これらはアンソロジーコミックやコミックアンソロジーとも呼ばれる。

  • 同じ作家の短編集や読み切りを集めて出版されるパターン
  • 同じ作家の漫画をテーマ別に分けた作品集として出版されるパターン
  • 同じテーマに沿った漫画を集めた作品集として出版されるパターン
  • 特定の漫画タイトルを別の作家が執筆した読み切り、四コマ漫画、イラストなどを集めて出版されるパターン

手塚治虫のホラー作品を集めたアンソロジー

複数の作家による読み切り、イラストが収録された漫画『ぼっち・ざ・ろっく』のアンソロジー

ABOUT ME
執筆者:ケンタトニック(Kentatonic)
■経歴
平成17年 関西外国語大学外国語学部英米語学科を卒業、学士号(英語学)を取得
平成18年 HMVジャパン株式会社に契約社員として入社
平成22年に同社を退社
平成23年にフリーランスのWebライターとして開業し、在宅ワークでWebライティング業務を請け負う。
日本語記事の執筆・編集のほか、英語記事の編集も行う。