カタカナ英語

オーソリティ(authority)の意味、カタカナ英語としての使われ方

オーソリティ(authority)の意味

カタカナ英語としてのオーソリティの使われ方

カタカナ英語における「オーソリティ」は、「その分野やその道の権威(のある人)」や「大家(たいか)」という意味で使われる。その分野の第一人者であったり、その分野の専門家を指す場合に、「あの人は◯◯のオーソリティだ」といった使い方をする。
※大家(たいか):学問や芸術などの分野で優れた力があると認められた人。

動詞形の「オーソライズ(authorize)」は、「公認」や「許可」といった意味で使われる。本来は動詞だが、カタカナ英語としては名詞のような使われ方をすることが多い。

本来のオーソリティの意味とは少しニュアンスが変わるが、ビジネス用語では「承認」や「許可」の意味で使われるケースがよくみられる。

英単語のauthorityの意味

英表記 authority
発音 əθɔ́ːrəti
ーリティ
ɔːθɔ́rəti
オーリティ
意味 名詞[〜に対する]権威(権威者)、権力(権力者)、当局(当局者)、威厳
接尾辞 -ity
形容詞から抽象名詞を作ったり、その他の名詞を作る
意味性質、状態、程度
複数形 authorities
動詞 authorize
意味[〜する]権限を与える(権威を与える)、[正式に]〜を認可する
形容詞 authoritative
意味①[書物などが]信頼できる、権威ある / ②命令的な、威圧的な
→ 名詞:authoritativeness(権威性)

「当局(とうきょく)」は、あることを処理する任務にあたること。また、その人や機関をさす。
「当局者」は、あることを処理する立場や責任を持つ人のこと。

SEOにおけるオーソリティについて

SEO(検索エンジン最適化)において、Googleが公開している『検索品質評価ガイドライン』では、Webサイトの評価基準として「Authoritativeness(権威性)」という言葉が示されている。これは「E-E-A-T」と呼ばれる評価基準の中のひとつで、日本語に訳すと「Experience(経験)・ Expertise(専門性)・Authoritativeness(権威性)・ Trust(信頼性)」 を意味する。

簡単に解説すると、特定のジャンルにおいて専門性が高く権威性があり、情報に信頼ができるサイトを検索結果において高く評価する(=上位表示される可能性が高くなる)というもの。もともとは「E-A-T」=「専門性・権威性・信頼性」の3つでの評価であったが、後から実体験や経験に即したコンテンツを評価する「E-E-A-T」=「経験・専門性・権威性・信頼性」という指標となった。

SEOの用語としては、「Authoritativeness(アウソリテイティブネス)」とは言わず、「Authority(オーソリティ)」と呼ぶことが多い。これは意味するところは同じで、特定のジャンルにおいて専門性や信頼性の高いサイトであると検索エンジンから認識されている状態を「オーソリティがある」や「オーソリティが高い」といった表現をする。オーソリティが高いサイト=信頼性や専門性が高いサイトのことを「オーソリティサイト」と呼ぶこともある。

参考:ニュース トピック オーソリティについて | Google検索セントラルブログ

ABOUT ME
執筆者:ケンタトニック(Kentatonic)
■経歴
平成17年 関西外国語大学外国語学部英米語学科を卒業、学士号(英語学)を取得
平成18年 HMVジャパン株式会社に契約社員として入社
平成22年に同社を退社
平成23年にフリーランスのWebライターとして開業し、在宅ワークでWebライティング業務を請け負う。
日本語記事の執筆・編集のほか、英語記事の編集も行う。