カタカナ英語

クロニクル(chronicle)の意味、カタカナ英語としての使われ方

クロニクル(chronicle)の意味、カタカナ英語としての使われ方

カタカナ英語としてのクロニクルの使われ方

カタカナ英語の「クロニクル」は、「年代記」「編年史」「記録」の意味で使われる。

「年代記」の意味で使われる場合は、史実を年代順に記録した書物を指す。そのほか、音楽アーティストのベストアルバムのタイトルに使われることも多い。

英単語のchronicleの意味

英表記 chronicle
発音 krɑ́(ː)nɪkl / krɔ́nɪkl
ニクル / ニクル
意味 名詞
① 年代記(過去の出来事の年代順の記録)、編年史、物語、記録
名詞
② [the …C-](新聞名)〜クロニクル(紙)
名詞
③ 歴代誌(旧約聖書の一書で2巻から成る)
単数扱い:the Chronicles
略:Chron.
動詞(他動詞)
[年代順に]記録する、〜年代記に載せる、記録にとどめる
複数形 chronicles
関連語 chronology
名詞 年代学、年代順、年代記、年表
chronicler
名詞 年代記編者、年代史家、記録者
chronological
形容詞 年代順に(発生順に)配列した
ABOUT ME
執筆者:ケンタトニック(Kentatonic)
■経歴
平成17年 関西外国語大学外国語学部英米語学科を卒業、学士号(英語学)を取得
平成18年 HMVジャパン株式会社に契約社員として入社
平成22年に同社を退社
平成23年にフリーランスのWebライターとして開業し、在宅ワークでWebライティング業務を請け負う。
日本語記事の執筆・編集のほか、英語記事の編集も行う。