カタカナ英語

オルタナティヴ(alternative)の意味、カタカナ英語としての使われ方

オルタナティヴ(alternative)の意味

カタカナ英語としてのオルタナティヴの使われ方

オルタナティブは英語のalternativeを日本語に表記したカタカナ英語。カタカナ英語のオルタナティブも本来の単語の意味と同じ、「(従来のものに対して)代わるのもの」という意味で使われる。つまり、従来とは異なる新しいもの、代替となるものをオルタナティブと表現する。

環境、エネルギー、音楽、教育など、さまざまなジャンルで使われる言葉で、「代替(ほかのもので変えること)」という意味で使われることも多い。

英単語のalternativeの意味

英表記 alternative
発音 ɔːltə́ːrnətɪv
意味 名詞
選択肢、[〜に]代わるもの、[〜の]代案
形容詞
代わりの、他の(2者のうちの)どちらか
接尾辞 -tive
意味〜が可能な、〜に富んだ、〜的
複数形 alternatives
副詞 altenatively
意味[2つのうち]どちらか1つを選ぶように、[その]代わりとして
関連語 alternate
形容詞
[2つの物事が]交互に起こる、代わる代わるの
動詞
交代でする、交互にする

オルタナティヴの関連語

オルタナティヴ・ロック(オルタナティヴ・ミュージック)

1990年代に普及した音楽カテゴリのひとつ。1980年代のスタジアムロックやポピュラー・ミュージックなど流行から外れた音楽として生まれたカテゴリで、言葉としては80年代の末頃から使われ始めた。反商業的、反主流的でアンダーグラウンドな精神を持つ音楽として定義される。

NIRVANA、Jane’s Addiction、Red Hot Chili Peppers、Dinosaur J、Pearl Jamなどがオルタナティヴ・ロックにカテゴライズされる。オルタナティヴ・ロックとヘヴィメタルを融合した音楽はオルタナティヴ・メタルと呼ばれる(Faith No More、Alice in Chains、Korn、Soundgarden、Audioslaveなど)。

オルタナティブ・エネルギー

オルタナティブ・エネルギー(Alternative fuel)は、ガソリンや核燃料に代わる「代替エネルギー」を意味する。化石燃料や原子力など地球の天然資源を使用せず、水力発電、風力発電、バイオマス燃料、太陽光発電、太陽熱発電など、再生可能エネルギーを使った生産方法を指す。

ABOUT ME
執筆者:ケンタトニック(Kentatonic)
■経歴
平成17年 関西外国語大学外国語学部英米語学科を卒業、学士号(英語学)を取得
平成18年 HMVジャパン株式会社に契約社員として入社
平成22年に同社を退社
平成23年にフリーランスのWebライターとして開業し、在宅ワークでWebライティング業務を請け負う。
日本語記事の執筆・編集のほか、英語記事の編集も行う。