カタカナ英語

ケーススタディ(case study)の意味とは、カタカナ英語としての使われ方を解説

ケーススタディ(case study)の意味、カタカナ英語としての使われ方を解説

「ケーススタディ」とは?カタカナ英語としての使われ方

カタカナ英語の「ケーススタディ」は、「事例研究」という意味で使われる。実際に起こった事例を分析・研究し、一般的な法則や傾向、原因の解明を試みることを「事例研究」という。

ただし、学問としての事例研究法の語義はあいまいで、医学、心理学、経営学、社会学、法律学など、各領域によって対象、目的、用いられ方は異なる。事例研究法の語義については以下の資料が詳しい。

参考:事例研究法とはなにか / J-STAGE

英単語のcase studyの意味

英表記 case study
発音 kéis stʌ́di
イスタディ
意味 名詞 可算名詞
① 事例研究、ケーススタディ
個人、集団、状況、事柄の一定期間における変化などを研究・調査すること
② [理論を裏付ける]具体例、典型的な例
構成語 case
発音 kéis
イス
意味
① 場合、状況
② 事例、実例
③ 真相、事実、実情
④ 事件、問題、訴訟
⑤ [通例単数形で]主張、申し立て、証拠
⑥ [通例修飾語を伴って]奨励、症状
study
発音 stʌ́di
ディ
意味
① 勉強、勉学、学習
② 研究、学問、学業
③ 研究題目、研究論文
④ 研究に値するもの、見もの
⑤ 書斎、勉強部屋、研究室
参考辞書:
  • スーパー・アンカー英和辞典 第5版 学研
  • エースクラウン英和辞典 第3版
  • ジーニアス英和辞典 第6版
  • ウィズダム英和・和英辞典 2
  • オーレックス英和辞典 第2版新装版
発音のカタカナ表記について:
カタカナ表記はエースクラウン英和辞典 第3版を参考
ABOUT ME
稲垣 健太(ケンタトニック)
■経歴
平成8年にボーイスカウトの活動でハワイに2週間滞在し、現地でのキャンプとホームステイを経験
平成17年に関西外国語大学外国語学部英米語学科を卒業、学士号(英語学)を取得
平成18年にHMVジャパン株式会社に契約社員として入社
平成22年に同社を退社
平成23年にフリーランスのWebライターとして開業し、在宅ワークでWebライティング業務を請け負う
現在はWebディレクターとして企業のオウンドメディアの運営を請け負い、日本語記事の執筆・編集のほか、英語記事の編集も行う
運営者詳細 → 運営者プロフィール